> あまりにも軽すぎる罰
ごみ箱閉じ込め窒息死、父親に懲役11年


長男(当時2歳)をごみ箱に閉じこめて窒息死させたとして、監禁致死などの罪に問われた建設作業員菅野美広被告(35)の裁判員裁判の判決が18日、東京地裁であった。


 井口修裁判長は「日常的な虐待がエスカレートした悪質な犯行で、尊い命が奪われた結果は極めて重大だ」と述べ、懲役11年(求刑・懲役12年)を言い渡した。

 検察側は公判で、菅野被告による長男の優衣(ゆい)ちゃんへの虐待について、優衣ちゃんの全身に虐待の跡とみられる傷が52か所あったと主張した上で、芳香剤やたばこの吸い殻を食べさせようとしたことや、オーブンや洗濯機に入れてふたをしめ、一瞬スイッチを入れたこともあったと説明。2008年12月23日の午前4時頃、優衣ちゃんをごみ箱に入れてポリ袋をかぶせ、さらに周囲をゴムひもで縛って、同日夕に死亡しているのを見つけるまで、そのままにしていたと指摘した。

 弁護側は、優衣ちゃんの虐待は妻、理香被告(35)(3月23日初公判)に頼まれたと主張したが、判決は「被告は腹が立ってやったと認めている。果たした役割が重要であることは変わらない」と指摘した。



http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100218-OYT1T01223.htm







ここまで人間の命を軽く見ているような者に
生きる資格なんてあるのだろうか?


人間の尊厳、しかも自らの子をここまで貶めたのに
この程度の懲役で済むことに憤りを感じる。





少なくとも、「子どもを産めば親になれる」なんて
とんでもない思い違いである。



親になるからには、同時にその子を育てていくうえでの
「責任」というものが課されるのである。



それを持たぬ者は、親になる資格はないし、
我が輩からすれば、生きる資格すらないと思う。




こんな、今までとても考えられなかったことをするようなクズが出てくるなんて…

この世界はどこに向かおうとしているのか…
by yasagure_oyaji | 2010-02-20 23:27 | 日常